Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/is1cojp/kabebijin.jp/public_html/contents/wp-includes/post-template.php on line 284

壁美人取付に関するお知らせ~ホッチキス編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃は「壁美人」をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

皆様に「壁美人」を手に取って頂けるようになり、少しずつではありますが「壁美人」の素晴らしさを実感頂けていると感じております。

そんな中、このようなお問合せが増えてきております。
■ホッチキスを購入したが上手く取り付け出来ない!
■180度開くタイプのホッチキスって?etc

弊社HPでも記載しておりましたが、改めて、ご紹介させて頂きます!

弊社が推奨しているホッチキスは・・・

  • MAX社製 HD-10D

【写真①】                【写真②】

 

 

 

 

 

 

 

ホッチキスは種類豊富であり、又、様々な特性を持ったタイプが多々あります。大きさや機能も様々です。弊社が推奨させて頂いている「MAX社製HD-10D」はスタンダードなタイプであり(写真①)、ハンドルが180度開くタイプ(写真②)です。
180度開くタイプは、ポスターなどの掲示物を貼る際に、画鋲がわりに使用できる「タッキング」が可能のホッチキスです。

写真③】

~タッキングとは?~

ホッチキスの針の出る部分を壁やコルクボード等に押し付けると針は曲がらずにのままの状態で打ち込まれます。これを「タッキング」といい打ち込む事ができ、画鋲の代わりになります。

 

 

ホッチキスの特性、石膏ボードとの相性により「壁美人」が誕生したと言っても過言ではありません!

 

話は長くなりましたが^^;

「壁美人を取り付ける際のホッチキスの選び方」をご紹介します!

ご参考にして下さい(^^)b   ※ホッチキス各部の名称は上記の写真③をご参考にして下さい。

①弊社推奨の「MAX社製 HD10-D」をご購入頂く^^;

②ハンドルが180度開かないタイプはNG
開かないタイプはタッキング(打ち込み)が出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

③ハンドルの先端が長い、又は幅広の形状はNG
取り付けの際に壁美人金具に触れてしまい、打つ事はできますが、針が浮いてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④ドライバ(針の出る部分)からハンドル下部間が狭い形状はNG
取り付けの際に壁美人金具に触れてしまい、打つ事はできますが、針が浮いてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記②~④タイプのホッチキスは「壁美人」の取り付けに不向きなだけで、デザイン性、使い易さ等の特性に優れた商品です。用途に応じた「ホッチキス選び」をお願い致しますm(__)m

 

↓ ↓「壁美人」設置方法のコツは  ↓ ↓

写真⑥】                  【写真⑦

 

 

 

 

 

 

 

写真⑥のように壁に対して30度傾け、斜めに打つようにすると、上手くできます。
写真⑦のように水平すると、ホッチキスと金具触れる為、打ち損じる可能性大です。

ご参考にして下さい!

 

弊社は「180度開くタイプ」であれば設置可能とお伝えしておりました。しかし、今回の多くのお問合せを受け、調査させて頂いた結果、180度開くタイプでも設置に向かないホッチキスがある事が判明致しました。訂正して、お詫び申し上げます。弊社の確認・認識不足によりご迷惑をお掛けしました事、お許し下さい。
以後、正確な情報をお伝えしていくと共に、今後もホッチキスの形状の調査を継続し、随時、お知らせさせて頂きく所存です。

 

最後になりますが

「取り付けが上手くいかない・・・」

「こんな商品があったらいいのに!」

「壁美人でDIYしました!」    などなど\(^^)/

様々なご質問・お意見・ご感想等ございましたら、ご対応・ご参考にさせて頂きますので

info@kabebijin.jp

にお聞かせ下さい。

 

長文をご覧頂きありがとうございました。ご参考になれば幸いです。

今後とも「壁美人」をよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

株式会社 若林製作所 壁美人事業部

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。